交通事故でお困りではありませんか?

  • スポーツ中に怪我をしてしまった。
  • どこか怪我した訳ではないけれど運動中に痛みを感じる。
  • スピードや身体のキレなどの運動能力が少し落ちた気がする。
  • スポーツ中の怪我についてセカンドオピニオンを知りたい。

スポーツ整形の経験豊富な医師による診察

当クリニックでは、院長の佐々木医師がスポーツ専門の病院で勤務し、Jリーグサッカーチームのチームドクターを担当していた経験を活かし、スポーツ整形・スポーツ医学外来に力を入れて取り組んでおります。

佐々木医師は、チームドクターでの経験から「スポーツ選手は怪我のあるなしに関わらず、身体の状態をチェックしてくれるかかりつけの整形外科があった方が良い」と考えており、当クリニックでは、地元の皆様が気軽に通院して頂けるようなクリニックを目指しております。

運動中の違和感は身体からのサイン

スポーツ整形は、骨折や捻挫など、明確な原因のある症状ばかりでなく「動いている間だけ痛む」と言った、いわゆる『スポーツ障害』と呼ばれる症状も診察・治療いたします。
実際「動いている間だけ痛む」という状態を放置して、我慢できなくなって受診なされた場合、症状が進行している場合も少なくありません。

身体の各部位から送られる「なんか違う」という違和感は、大切なサインです。心当たりがおありであれば、どうぞお気軽に受診なさってください。

経験を活かしたリハビリ

スポーツでお怪我をなされた際、安静が必要で運動ができないことが少なくありません。その場合、当クリニックでは「アスレチックリハビリテーション」を実践しております。アスレチックリハビリテーションとは、患部は安静にして十分にケアしつつ、それ以外の運動機能を強化するために行うリハビリのことで、筋力の強化や柔軟性を高めるなどのメニューを行います。
スポーツ整形は、怪我や患部の治療をすることだけが役割ではないと当クリニックでは考えております。しっかりと治療することに加え、リハビリ中に身体能力をより高めるための努力をサポートしながら、より良い状態で復帰できるよう、もっと言えば、お怪我をなされた前よりも良い状態でスポーツなさることができるように、という想いで診察・治療にあたっております。

京橋の運動器の健康は私たちで守りたい。

当クリニックは、地元京橋に根ざした医療機関として「京橋の運動器の健康は自分たちで守ろう」を合言葉に、医師、看護師およびリハビリスタッフが技術だけでなく高い志を持って患者様と向き合っています。同時に、通院するというのはやはり気が滅入ることだと思いますので「京橋のパワースポットを目指そう」と各自が明るく、元気に患者様と接するよう心がけております。
スポーツができないとストレスがたまることもあるかも知れませんが、私どもも一緒になってリハビリをサポートし、アスリートの皆様の早期復帰を応援しております。お困りの症状がおありであれば、お気軽に受診なさってください。