ご覧頂きありがとうございます。

当クリニックホームページをご覧頂きありがとうございます。
このページでは、当クリニックを初めてご利用頂く患者様向けに、初診時の流れや当クリニックの基本情報をご紹介しております。
当ホームページは、ページをスクロールしてもメニューがページ上部に固定して表示されるようになっており、上部メニューから全てのページへ移動することが可能です。
また、スマートフォンからご覧頂いても、レイアウトを自動で最適化して表示するようになっております。
このページを出発点に、どうぞ各ページをゆっくりとご覧ください。

初診時の流れ

当クリニックへ初診でお越し頂く場合、まずは受付に直接お越しください。
初診時には、「保険証」とお持ちの方は「公的受給者証」を忘れずにお持ち願います。

また、既に他の医療機関にかかっていらっしゃる場合、処方された薬の一覧表や検査画像のデータなどの資料類があれば、それらも合わせてお持ちください。

初診時に必ずお持ち頂くもの

  • 保険証

あればお持ち頂くもの

  • 公的受給者証(該当なさる場合)
  • 処方された薬の一覧(既に他の医療機関で受診されている場合)
  • 検査画像(既に他の医療機関で受診されている場合)

診察までの流れ

  1. 受付にて保険証等をご提示ください。
  2. 交通事故・労災・生活保護に該当なさる場合、その旨をお伝え下さい。
  3. 問診票をお渡し致しますので、ご記入の上、受付にご提出ください。
  4. 順にお名前をお呼びしますので、待合コーナーでお待ちください。
受付には、新聞や雑誌を置いているほか、ウォーターサーバーを設置しております。また、血圧計もございますので、全てご自由にご利用ください。

診療時間とアクセス

診療時間は次のとおりとなっております。臨時休診の場合、クリニックに掲載する他、当ホームページでもご案内致します。
診察時間

アクセスについて

当クリニックはJR京橋駅、京阪京橋駅前すぐの新京橋商店街の中にございます。京橋駅からは徒歩6分程度、阪急オアシス京橋店さんの向かい側にございます。掲載している地図をご参考になさって下さい。また、より詳しいアクセス方法のご案内は、「アクセス方法」をご覧ください。

診療科目

当クリニックでは、整形外科・リハビリテーション科・ペインクリニック・リウマチ科を診療科目として届けております。

骨折・打撲や捻挫など、外的な要因によるお怪我に対し、診断・治療からリハビリまでを一貫してケアし、またしつこい痛みにはペインクリニックとして神経ブロック療法を行うなど、適切な治療に努めます。

また、加齢による肩こり、腰の痛みやヘルニア等の症状についても、患者様にしっかり向き合いながら症状の原因を見きわめ、健康な生活が送れるよう治療を通して患者様を応援致します。

当クリニックの診療科目の詳細については、「診療科目」でご覧頂ける他、専門のページでご紹介しております。詳しくは上部メニューの「受診する」という欄からお探しの診療科目をご覧ください。

当クリニックの特徴

当クリニックでは、通常の一般診療に加え、交通事故被害者の皆様への治療とスポーツ整形・スポーツ医学外来について、力を注いで活動しております。

スポーツ医学外来

当クリニック院長の佐々木医師は山形県を本拠地とするJリーグサッカークラブのチームドクターを務めた経験があり、現在でも関西以西に試合にある際はチームに帯同することもございます。
当クリニックでは院長のこの経験と実績を活かし、スポーツに関連したお身体の怪我・トラブルの診断と治療に力を入れています。
ランニングなど趣味としてのスポーツから、部活動、小学生年代のジュニアスポーツに至るまで、多様なスポーツ中のお怪我等についてご相談に対応いたします。

交通事故の治療

交通事故は日本国内で年間60万件以上発生しており、軽傷者を含めると年間100万人以上がお怪我をなさっています。

交通事故はまったく予想しない状態で起こることが多く、また、強い物理的衝撃が加わることも多いため、むち打ちなどの症状でお困りの患者様が後を絶ちません。

交通事故に巻き込まれると、患者様は身体をケアしなければならないのはもちろんのこと、交通事故そのものを解決する必要にも迫られ、その際には、検査の画像や診断結果を適正に記載した後遺障害診断書が必要になってきます。

当クリニックでは、最新医療技術だけでなく、このような日本の交通事故事情についても注目しており、お怪我をなさった被害者の皆様がより適正に交通事故を解決していくことができるよう、治療と診断面からバックアップしております。より詳しくは「交通事故の治療とリハビリ」のページをご覧ください。

リハビリ

当クリニックでは、お怪我などで通院なされる患者様に対して「京橋の運動器は自分たちが守る!」を合い言葉に、治療とリハビリにあたっています。

単純にお怪我をなされた部位だけに注目して治療するだけではなく、再発を防ぐためにはどのようにすれば良いのか、身体全体を考えながらリハビリを行うよう心がけております。
また、スポーツでお怪我をなされた場合は、リハビリ期間中トレーニングができないことも少なくありませんので、その期間で他の身体の部位をトレーニングするためのメニューをご紹介するなど、競技できない選手の皆様の立場になってリハビリを行うようスタッフ一同取り組んでおります。